生きていることがつらかったです

お金がないときは、何で自分が生きているのだろうこのままでいいのだろうかとネガティブになっていました。
お金がないので友人と遊びにいけませんし、家から出ることもできません。

家にいてお金がかからないかというとそういうわけでもなく、電気代もかかりますし、家賃もかかっているわけです。
鬱々した気分になってしまうからテレビをつけよう、テレビも電気代がかかる、CMではおいしそうな料理の元が流れている、しかし私にはこれを買うお金すらない、そしてテレビを消します。
テレビをつけたことで、画面のなかにいたタレントなどはお金に苦労していないんだろうなぁと更にネガティブな感想をもち、鬱になってしまいます。

生きていることがつらかったです

外に出ようかとも思ったのですが、外に出ても皆お金を持っているだろうしそういう人たちとちょっとでも触れ合うことが自分にはつらい状態でした。
家賃がかかっている分、外に出るより家にいたほうがましなのではないかと気づき家でじっとする日々を過ごしています。
外を歩く小学生たちを見て、こいつらはお金で苦労しなくていいんだろうな親がいるし給食がでるからお昼に困ることもないんだろうな、と思ってしまいます。

人生に一番必要で最低限必要なお金が自分には備わっていないので、朝がくるたびしんどい気分になりますし、履歴書を書くにもお金が必要です。
証明写真を撮影するにもお金が必要です。
しかもそのお金を使って書いて面接してもらっても絶対受かるわけではないので無駄金になってしまう可能性もあります。
そのせいで私は今もお金を使って履歴書を書くことも面接にいくこともできません。

~hiro39planning55