高額医療費の対象にならいな高額な医療費

数年前から私は関節リウマチの治療をしています。私の関節リウマチは近隣の病院のリウマチ専門医では分かりにくいタイプだったらしく、2年前に都内の大学病院で時間をかけて診断がされました。

その分、少々遠方なため交通費もかかり大変だと思っていた矢先に今年の春ごろから関節リウマチの症状が悪化してしまいました。

今までは飲み薬オンリーでしたが、医師の勧めで生物学的製剤という高額だけど、関節リウマチの痛みや腫れを抑えてくれて、放っておくと関節破壊を起こすけれどそういった事を防いでくれる治療をしたほうがいいと言われました。

ただ、その注射は数種類ありますが、私が受ける注射の種類は1本1万円くらいはかかり月にして4~5万円はかかってしまいます。

それが私が生きている間は永遠に続くかもしれないし、途中で止めれるかも知れないけど、最低でも2~3年くらいはかかります。

20161109

私はその治療に相当悩みました。でも自分の身体の痛みの限界を感じていて金銭的には本当に大変ですが、色々な事を節約して何とか医療費を出して先月から治療を開始しました。

効き目はまだ分かりませんが、将来の自分が今よりも元気に暮らせている事を願って治療を頑張っています。

毎月の出費増で貯金ができない

以前は今より1万円位安いアパートに住んでいたのですが、子供が生まれ手狭になってきた為、もう少し広いマンションに引っ越しました。
給料は変わらず、家賃が以前より多くなってしまい、子供も生まれた為、出費が多くなり毎月赤字続きです。

20161014

その為食費を減らそうと努力しているのですが、なかなか難しいのです。
子育てで疲れ果てて、食事の準備ができないことがあり、ついつい外食やお惣菜に頼ってしまい、食費も増加傾向です。

家賃に毎月7万5千位で、食費が6万5千円位です。
これが我が家の赤字の原因です。

毎月の赤字はボーナスで補填しなんとかやりくりしていますが、貯金が全くできません。
というのも地方に住んでいるため車が必須で、2台分の車の維持費にボーナスはほとんど無くなります。
車検に保険に車のメンテナンスに年間合計で40万円くらいはかかっていると思います。
また生命保険などもかかりますしボーナスはほとんどが車の維持費や保険の支払いに消えます。
車が無かったら、その分貯蓄にまわせるようになると思うのですが、車がなければ生活がかなり不便になってしまい手放す勇気はありません。

我が家の一番の負担は2台の車かもしれないです。
車を1台にすることを考えたほうがよいのかもしれないと最近思うところです。

家賃の負担が大きく節約の毎日です。

今のマンションに引っ越しして3年になりますが、家賃の負担が大きく節約をしないと生活をするのが大変な状況になっています。
以前に住んでいたマンションより家賃は3万円以上高くなりました。
引っ越し直後は、綺麗で新鮮だったので家賃の負担もあまり気になりませんでしたが、2年経ったあたりから気持ちの変化が生じた影響か、かなり堪えるようになってきました。

私にとって想定外だったのは、ボーナスが下がったことです。
少し上がることを期待しており、最低でも現状維持はできると思っていたのですが、年収にして20万円程度下がってしまいました。

今はとにかく節約の毎日です。
一番節約ができるのは食費ですが、毎日同じような食事になりがちで流石に飽きてきました。
スマホからガラケーに戻したり、色々工夫をしていますがギリギリの生活が続いています。

こうなるともう少し家賃が安いマンションに引っ越すことも検討しないといけません。
引っ越し費用はかかりますが、将来的なことを考えると早く決断するのがプラスになると思っています。

あとはWワークも考えましたが、仕事終了後に別の仕事をこなす自信がありません。
あとは今流行りの自宅でできる副業で生活費の足しにするくらいですかね。

いずれにしても早急に答えを出すつもりでいます。

どうしても減らせない毎月の通信費

我が家の毎月の家計を圧迫しているもの、それは通信費です。
通信費といっても電話で通話しているためにコストがかかっているのではなく、インターネット利用がメインです。
というのも、私たち夫婦にとってスマートフォンは必須アイテムであり、自宅にはインターネットの光回線を引いています。
スマートフォンの通信料はそれぞれ1万円かかり、自宅の光回線も別途6千円かかっているので、合計で通信費として2万6千円は毎月出費していることになります。

photo

先日家計診断を受けてきた際に、食費や日常品、光熱費等項目別に手取り月収の何パーセント以内に収めれば正常なのかを見てもらいました。
その際、通信費は手取りに対して5%までが望ましいのに対し、我が家の通信費は15%という異常値でとてもショックを受けました。

通信費を節約しようと自宅でスマートフォンを利用するときは、光回線のWifiを利用したり、なるべく無料通話アプリで電話をしたりするのですが、いざ外出するとどうしてもスマートフォンでネットサーフィンをしたり、地図アプリで場所を調べたりとインターネット回線を利用してしまい結局通信費を節約できることなく推移しています。
もうここまで来ると、デジタルデトックスでもしてインターネットを極力見ない生活習慣に変えないことには通信費の節約は不可能だと痛感しているところです。

住宅ローンと管理費が負担

結婚してすぐは共働きだったため家計に余裕がありました。
そして夫の会社からは家賃補助が出ていたので結構良い駅の駅地価物件を賃貸で借りていました。

それから、しばらくして子供が産まれて私の収入はなくなっていましたので生活は少し切り詰めていましたが、長年環境の良い場所に賃貸で住みこのあたりに住みたいという思いが夫婦でめばえました。
子供が幼稚園に入る前に引っ越しを考えました。
ある年齢から家賃補助も出なくなるので丁度買い時だと思いました。

そして物件を巡っていると凄くいいマンションを見つけてしまいました。
それまで住んでいた賃貸マンションは駅ちかでしたが築年数がたっていて古かったので最新式のマンションの設備に夫婦でノックアウトされて購入してしまいました。
私の当初のローン借り入れ希望金額よりも1000万円位高いマンションでした。

photo

何とかやっていけるかと思い購入に至りましたが、この差額がとても毎月響いています。
家計が厳しくなりあまり貯金に回らなくなりました。
旅行なども全然行けておらず管理費と修繕費も掛かりますし、意外な所で固定資産税も負担になっています。

給料の2割くらいが家に掛けるお金の妥当額と言われていますが、我が家は3.5割位かかっていて更にボーナス返済もしているので変動金利で組んでいるので支払えています。
これで金利が上がったらとても大変なことになります。

毎月かかる治療費について

自然妊娠を望んでいましたが思うようには進まず、不妊治療専門の病院に通う事になりました。

お金がかかるとは聞いていたのですが、予想以上の出費に毎月頭を悩ませています。
基本不妊治療は医療費負担ではない事が多いのです。
そのため他の病院と比べると、かなり高い治療費になってしまいます。

photo

最初の頃はタイミング法での治療だったので、毎月1万程度で済んでいました。
しかしそれでも成果がでなかったので、次の人工授精に進むことにしたのです。
人工授精の治療では、何回かの超音波検査や注射代などで月に3万円はかかるようになるのです。
4回ほど人工授精を行いましたが、成果はなかったのです。

次の治療にステップアップすると、体外受精になります。
治療費は何十万とかかることになるので、家計にも影響するようになっていったのです。

毎日病院に通い治療費を払い続けていると、金銭感覚も麻痺してきてこれでいいのかと不安になってくるのです。
不妊治療にかかっているお金がなくなったら、どんなに楽になるかとたまに考えてしまいます。

しかし治療をせずに過ごすこともまた不安を感じるのです。
今は後悔しないための必要な出費だと思い、あまり考えないようにしています。

下宿を始めた子に送るお小遣いが感情的に不満です

我が家は住宅ローンを借りていますから、もちろんこのローンが一番家計を圧迫していますが、ひょんなことから「次男のお小遣いが無ければなぁ」と思うようになりました。

元々上の子達2人にも、大学時代は月に2万円のお小遣いを渡し、それ以上はアルバイトで自分で調達しなさいと言っていました。
その流れで次男が大学に入学した時から2万円は渡していました。

photo

ところが、彼が急に下宿をしたいと言い出したのです。大学までは1時間ちょっとで着きますが、乗り換えが2回なので面倒なのと、何より往復2時間半の時間がもったいないと言うのです。
もちろん、下宿代を出せる我が家では無いので、下宿代は自分でバイトで稼ぐと言います。

男の子なので、それもいいだろうと思いながら、「学費」の為ではなく「下宿代」の為にバイトをする点が引っかかり、しばらく許可しませんでした。でも、彼は着々と準備を進めていたようで、ある日、何軒か良い所があるので一緒に見に来て欲しいと夫と私は言われました。

未成年だったし、保証人も要りますからとうとう下宿することになってしまいました。この時、仲介だったので余計なお金が掛かり、家電品も合わせて40万円近いお金が出ました。

でも、彼はやり繰りを計算した結果毎月のお小遣いは今迄通り欲しいと言います。ずっと家にいる子ならなんとも思わないのでしょうが、下宿を始め、こちらもこんなに払った挙句毎月の2万円も必要なのか。
おまけに夫の付き合いの出費が最近増えて、赤字になる月も出てきました。
そう言うことも重なって、月初めに次男に送金する度に疑問や不満を感じます。

生きていることがつらかったです

お金がないときは、何で自分が生きているのだろうこのままでいいのだろうかとネガティブになっていました。
お金がないので友人と遊びにいけませんし、家から出ることもできません。

家にいてお金がかからないかというとそういうわけでもなく、電気代もかかりますし、家賃もかかっているわけです。
鬱々した気分になってしまうからテレビをつけよう、テレビも電気代がかかる、CMではおいしそうな料理の元が流れている、しかし私にはこれを買うお金すらない、そしてテレビを消します。
テレビをつけたことで、画面のなかにいたタレントなどはお金に苦労していないんだろうなぁと更にネガティブな感想をもち、鬱になってしまいます。

生きていることがつらかったです

外に出ようかとも思ったのですが、外に出ても皆お金を持っているだろうしそういう人たちとちょっとでも触れ合うことが自分にはつらい状態でした。
家賃がかかっている分、外に出るより家にいたほうがましなのではないかと気づき家でじっとする日々を過ごしています。
外を歩く小学生たちを見て、こいつらはお金で苦労しなくていいんだろうな親がいるし給食がでるからお昼に困ることもないんだろうな、と思ってしまいます。

人生に一番必要で最低限必要なお金が自分には備わっていないので、朝がくるたびしんどい気分になりますし、履歴書を書くにもお金が必要です。
証明写真を撮影するにもお金が必要です。
しかもそのお金を使って書いて面接してもらっても絶対受かるわけではないので無駄金になってしまう可能性もあります。
そのせいで私は今もお金を使って履歴書を書くことも面接にいくこともできません。

ぶっちゃけ家賃はきつい・・・

個人的に一人暮らしを親元を離れてしているので家賃はきついなと感じることがあります。
この家賃の負担さえなければもう少し余裕のある生活を送れるのでは?と思うことしきりです。
誰かと一緒に暮らすというのでもいいのですが、とにかくアパート代は馬鹿にならないなって印象です。

photo

なんとかこの生活費を切り詰めたいところですが、お金がないので引越し費用さえないといった感じです。
今一生懸命お小遣いを貯めている感じですね。
どうしてこんなに苦しく感じちゃうのかな?って思ったりもします。
自分の印象だけなんですけどね。

それよりも、今は節約の技術を磨いて少ないお金でも暮らせる状態を確立したり、仕事を探すことに注力しないとって思っています。
家賃はそれなりに安いところに住んでいますし、必要経費と思って今は仕方ないと割りきっています。
やはり大きな支出があるとなしでは違うなぁって思うことしきりです。

あと、意外と安いところの方が光熱費とかが馬鹿に高いこともあります。
トータルでみると、少しでも多めにお金を支払った方が快適な住環境が得られるので支出も抑えられる部分があるような気がすることも。
とりあえず、なんとか今の家賃を払い続けて、もっといいところに住めるよう工夫したいです。

収入を考えた家賃のアパートにすべきでした

仕事もやめて引っ越しをした時に、住むところを慌てて探したのがそもそもの失敗でした。
その土地の平均的家賃も何も知らないまま、とにかく一刻も早く済むところを見つけなければと、不動産会社の人に勧められるがままのアパートを契約しました。

その後仕事を見つけ、生活も安定してきたけれど、どう考えても収入に対して今の家賃は高すぎます。
毎月収入の半分が家賃として消えてしまうので、生活は苦しいばかりです。

photo

生活に落ち着いてから周りの不動産などを調べると、ものすごく安いのには驚きました。
駐車場1台無料なんてところもたくさんあります。
しかし、アパートは2年契約になっているし、今から引っ越しするとしてもやっぱりお金がかかりすぎてしまうので、自分の身の丈に合ったアパートに引っ越しをしたいと考えてもそうすることもできません。

毎日の生活がぎりぎりというより、足りないくらいで貯金も全くできません。
今は生活に足りない分の貯金を少しずつ引き下ろしながら何とか生活をしているけれど、この貯金がなくなってしまったときにはどうなってしまうんだろうという不安ばかりです。

そんな矢先に家賃の値上げを知らせるお知らせが来たり、とにかく悲鳴を上げるしかない状態です。